京都嵐山の旅館『京都嵐山 花のいえ』宿泊記

2021年3月23日京都府

京都嵐山花のいえに到着♪

紅葉を見るために、京都・嵐山へ一人旅。

天龍寺・祇王寺・竹の小径などを回って、本日のお宿に到着。

お一人様に優しいお宿

京都嵐山 花のいえ 外観
京都嵐山 花のいえ 外観

人気観光エリアの嵐山だけあってたくさん宿はありますが、一人で泊まれて夕食をお部屋で食べられる『京都嵐山 花のいえ』に!

江戸時代の大富豪・角倉了似のお屋敷がもとになっているらしく、なんとなく歴史ロマンを感じるのも魅力でした。

風情たっぷりのお庭

京都嵐山 花のいえ 庭園
京都嵐山 花のいえ 庭園

チェックインする前に、とりあえずお庭をぐるりと一周。

灯篭や紅葉など風情たっぷり!とにかくレトロな雰囲気が素敵~♪大きい松の見事さは思わず見とれてしまうほど。

江戸時代にここに来た人たちも、こんな風にお庭を楽しんだのかもしれません。

ピカピカの内観

お庭を楽しんでからチェックイン。

長い歴史を感じさせる外観とはうらはらに、なかはピカピカできれい!スタッフさんの対応も、明るくて丁寧で気持ちいい♪

京都嵐山花のいえのお部屋

広々としたお部屋に満足

京都嵐山 花のいえ 客室の様子
京都嵐山 花のいえ 客室の様子

お部屋も広々としててきれい。

豪華!!いう感じではないのですが、必要なものはしっかり揃っていて快適に過ごせるような心配りがされています。

スタッフさんの説明も分かりやすく、安心感がありました。

まずは置いてあったお茶とお茶菓子でリラックス。う~ん落ち着く。ちょっとテレビを見たり、文庫本を読んだりしてのんびりしました。

窓の景色にほっこり

京都嵐山 花のいえ 客室の枯山水庭
京都嵐山 花のいえ 客室の枯山水庭

あとびっくりしたのが、窓の外にプチ枯山水があったこと!枯山水大好きなので、とっても和みました。

京都嵐山花のいえのお風呂

天然の鉱石を使った人工温泉

実は今回は、あんまりお風呂は期待していなかったんです。

温泉ではあるものの、天然の鉱石を使った人工温泉ということで、天然温泉よりは期待度が低いかな~と。

なにはともあれ、歩き疲れてパンパンの脚をなんとかすべく大浴場に。

身体がポカポカ!

早い時間だからか、誰もいなくて貸し切り状態!しかも、改装したばかりなのか大浴場がとにかく新しくてきれい。一気にテンションが上がります。

実際入ってみると、身体がポカポカに!鉱石の成分が良いのかもしれません♪気持ちいい~。

疲れもほぐれるジャグジー

普通のお風呂で温まった後は、ジャグジーのところへ。泡がポコポコ肩に当たって、マッサージ効果はバツグンです。バッキバキにこっている私の肩もほぐれました。

あまりに気持ちよかったので、脱衣場でお水を飲んで、ふたたびジャグジーへ。

う~ん、天国。あんなにパンパンだった脚も気にならなくなったし、今夜はよく眠れそう♪

京都嵐山花のいえの夕食

夕食は自分の部屋で。

一人で泊まると、なかなか部屋で食事ができる宿がないので嬉しい!せっかくなので、京都の蔵元の日本酒をオーダー。

旅館の料理を肴に、のんびり日本酒を味わうぞ~~!!

京都のおばんざい

京都嵐山 花のいえ 夕食 おばんざい
京都嵐山 花のいえ 夕食 おばんざい

最初に京都らしいおばんざいメニューが登場。

佃煮やエビなど盛りだくさん。日本酒との相性もバッチリです♪

なかでも、クルミののった厚揚げは絶品。コリコリした食感がたまりません~!

ほろほろ美味しい魚の煮つけ

京都嵐山 花のいえ 夕食 日本酒 魚の煮付け
京都嵐山 花のいえ 夕食 日本酒 魚の煮付け

さらに、お刺身や魚の煮つけなど、続々と豪華な品々が。

おいしいけれど、食べきれるかなとちょっとドキドキ。

魚の煮つけがとにかくおいしく、ほろほろの身としょうゆベースのこっくりとした味付けに夢中!

日本酒がめちゃくちゃ進んで、もう一合頼んでしまいました。

天ぷらで素材を堪能

京都嵐山 花のいえ 夕食  天ぷら
京都嵐山 花のいえ 夕食 天ぷら

続いて天ぷら。抹茶の塩がそえられています。

旅館のスタンダードなメニューをしっかりおさえつつ、京都ならではのものを出してくれるのありがたい…。

定番の具材ながらも、エビはぷりぷり、カボチャは甘く、素材の良さをしっかり堪能できます。

他にも、ジューシーなローストビーフや、さっぱり味のお鍋も出てきました。

デザート

京都嵐山 花のいえ 夕食 小豆のプリン
京都嵐山 花のいえ 夕食 小豆のプリン

さらに、デザートには小豆のプリン!

じんわりしみるような上品な味わいのお料理が多く、大人向けなおいしさです。

デザートも自然な甘さで、お腹いっぱいでもするりと入りました。

あと、食べるのに夢中で見逃しがちだったんですが、器もさりげなく素敵なデザインなものが多く、目でも楽しめました♪

スタッフさんはタイミング上手!

スタッフさんの対応も素晴らしく、「次は〇〇をお持ちします」といった声掛けをしてもらえるので、心の準備ができます。

部屋食って料理を持ってくるタイミングや接客によって良しあしが分かれると思うのですが、この旅館はとっても良かったです~。

快適に食事を満喫できました!

これぞ一人旅!な夜

日本酒を飲んでふわふわしたまま、ごろんと就寝。好きなものをたくさん食べて、お酒を飲んで、満足したらすぐ寝る。

これが一人旅の醍醐味ですね~。

京都嵐山花のいえの朝ごはん

京都嵐山 花のいえ 庭

朝ごはんは食堂で。食堂の窓からは、きれいなお庭が!いやあもう、景色だけでスペシャル感がありますね~。

一人客は、窓辺の席だったので間近でお庭を楽しめてラッキー♪

京都嵐山 花のいえ 朝ごはん
京都嵐山 花のいえ 朝ごはん

朝食は、焼き魚やだし巻きといったシンプルな旅館の朝ごはんといった感じです。

でも、一品一品丁寧につくられていて、めちゃくちゃおいしい!優しいだしの味が心と体にしみます。

きれいなものを見ながら、おいしいごはんをゆったりと食べる。

朝からとても贅沢な時間を過ごせました。

京都嵐山花のいえをチェックアウト

ご飯を食べた後は、せっかくなのでもう一度お庭に。

紅葉の葉っぱが地面に落ちている様子は、これぞ和の美しさ!といった感じ。

すがすがしい朝の空気も気持ちいい!!

部屋で少し休んでから、チェックアウト。

とにかく大満足の時間を過ごせて、出発するのがなごり惜しかったです。

京都嵐山花のいえのまとめ

とてもきれいなお庭とおいしいお料理、ピカピカのお風呂、スタッフさんの気持ちの良い接客と、どれをとっても快適に過ごせました!

一人旅だとこういった本格的な旅館は泊まれないことが多いので、本当に泊めてくれてありがとう!といった気持ちです。

のんびり部屋でごはんが食べれるので、友達と行くのも楽しそう~。

また嵐山に旅行に行くときは、お世話になりたいなと思います。