【宿ログ.jp】は、個人的に最高だった旅館・ホテルのブログ宿泊記を収録したサイトです。お宿のクチコミお宿ランキングも要チェック!

エンジェルロードを心ゆくまでお部屋から!『小豆島国際ホテル』宿泊記

2022年2月10日宿ブログホテル,香川県

今回は彼女と二人で「エンジェルロードに最も近いホテル」として有名な『小豆島国際ホテル』に宿泊しました。

小豆島にあるホテルの中でもハイクラスの部類に分けられますが「せっかくなら!」と思い切って予約しました。

この記事のポイント
  • お宿での実体験を書きました
  • 記事の最後にお宿のTwitter口コミも!

小豆島国際ホテルへ到着~チェックイン

小豆島の土庄港より車で10分。ホテル前に併設されている駐車場に車を停め、いざ館内へ。

ホテルへ入ると早速、青々した瀬戸内海、そして無数にある島々がお出迎え。

小豆島国際ホテル ロビー
小豆島国際ホテル ロビー

実はここからの景色はInstagramや旅行雑誌などでも度々目にするインスタ映えポイントです。つい何枚も写真を撮影しているとフロントの方からお声が掛かりました。

その後は大浴場や屋外プール、ラウンジなどといった館内のご案内を丁寧にして頂きました。個人的にはコーヒーの飲み放題サービスが最も嬉しかったです(笑)

エンジェルロードを見下ろすお部屋

フロントでチェックインを済ませた後はお部屋に向かいました。「どんな部屋かな〜」と期待を膨らませ扉を開けると、、

小豆島国際ホテル 客室から望むエンジェルロード
小豆島国際ホテル 客室から望むエンジェルロード

そこにはオーシャンビューの絶景が!

しかも運良く部屋に入ったタイミングで、エンジェルロードが出現しているではありませんか!

エンジェルロード

小豆島国際ホテル エンジェルロード(ホテル前のビーチで撮影)
小豆島国際ホテル エンジェルロード(ホテル前のビーチで撮影)

そもそもこのエンジェルロードとは、1日2回の干潮時のみ現れる砂浜の道で、小豆島を代表する観光スポットです。

多くの人はこのエンジェルロードを見るために時間を調整して見にきます。

しかしこのホテルに泊まればそういった必要もありません。最もエンジェルロードが綺麗なタイミングを部屋から優雅に望むことが出来ます。

更に、このホテルは全室オーシャンビューであるため、どこの部屋に宿泊してもエンジェルロードが眼前に広がります! 

エンジェルロードを望む部屋の窓もかなり大きく設計されていたので、見応え充分でした!

(実はエンジェルロードが出現している時間帯は多くの観光客が訪れ、エンジェルロード内は混雑します。私自身混雑した場所が苦手なので、部屋から望む事ができて大満足でした!)

小豆島国際ホテル 恋人の聖地
小豆島国際ホテル近く 恋人の聖地

エンジェルロード近くには「恋人の聖地」なるスポットや、

小豆島国際ホテル近く 可愛らしいポスト
小豆島国際ホテル近く 可愛らしいポスト

エンジェルロードに合わせた可愛らしいポストも見つけることができます。

小豆島国際ホテルの夕食のお料理

夕食は1階の大広間にて頂きました。混雑している時期でしたので、かなり他のお客様で賑わっていました。

ただ、ご案内されたお席には仕切りがついており、プライベートな空間は確保されていました。

席に着くとまずは食前酒を持ってきて頂きました。期待を胸に膨らませていると、スタッフが手際良く料理を運んできてくれました!

小豆島国際ホテル 夕食
小豆島国際ホテル 夕食

前菜で頂くのはあわびです!

小豆島国際ホテル 夕食
小豆島国際ホテル 夕食

メインは瀬戸内海でとれた新鮮なお魚の数々!

小豆島国際ホテル 夕食
小豆島国際ホテル 夕食

メインの海鮮料理はどれも素晴らしいものでした!

また、小豆島はお醤油と素麺が有名との事で、それらも持ってきて頂きました。

料理を出すタイミングやスタッフの方による一品一品の説明も分かりやすく、大変素晴らしかったです!

館内や周辺散策。手持ちの花火も楽しめます。

夕食後はホテル内をぶらぶら歩きました。

お伺いした時は一時的に閉まっていましたが、ゲームコーナーやカラオケBOXなどのアミューズメント、また屋外プールやお土産が購入できる売店など、とにかく何でも揃います!

小豆島国際ホテル前ビーチ
小豆島国際ホテル前ビーチ

また夜にはホテル前のビーチで花火を楽しんでいる人も大勢いました。

私たちも事前に花火を購入し、ホテル前のビーチで花火をしようと向かっていると「ライターはお持ちでしょうか?」「バケツと水をお貸ししましょうか?」と親切に声を掛けて頂きました。

最近は消防の関係で施設内での花火を禁止とするホテルも増えてきました。ただ、こちらのホテルではむしろ「楽しんでください!」というスタンスなので気兼ねなく花火を楽しむことが出来ました!

またホテル前のビーチもそこまで広くないので、夜お子様が外で迷子になったりする可能性も低いと思います!

小豆島のお宿は比較的小規模なところが多い印象ですが、こちらのホテルは何でも出来るところが魅力ですね!

絶景で最高の大浴場・露天風呂

お腹いっぱい夕食を頂いて、ホテル前のビーチで花火をした後はいよいよ大浴場です。

こちらの大浴場も口コミやInstagramで絶賛されていたので、大変楽しみにしていました。ホテルの方にご案内して頂き、いざ浴場へ。

さすがにお風呂の写真は撮れませんでしたので、公式サイトから引用。

小豆島国際ホテル 公式ホームページ(https://www.shodoshima-kh.jp/spa/)より引用
小豆島国際ホテル 公式ホームページ(https://www.shodoshima-kh.jp/spa/)より引用

私が今回入浴したのは「オリーブの湯」です。オリーブの湯には内湯と露天風呂の2種類があります。

私はまず露天風呂に行きました。一歩足を入れると早速、瀬戸内海の絶景がお出迎え。

瀬戸内海は、荒々しい日本海や太平洋と比べても波が穏やかなので、静かな波の音と絶景で最高のロケーションとなりました!

内湯の方も太陽の光が差し込む明るい空間で、隅々までとても綺麗にお掃除されている印象を持ちました!

総じて大浴場も大満足でした!

こちらのホテルでは「オリーブの湯」と「浜風の湯」を男女入れ替えで設けています。

どちらでも夜は24:00まで、朝は5:00から9:00まで入浴できるとの事でした。朝風呂が好きな方も安心ですね!

またこちらのホテルには"露天風呂付きエグゼクティブルーム"と呼ばれるスイートルームもあるとフロントの方から教えて頂きました。

なんと60平米もの空間に加えて露天風呂まで付いているお部屋です。

私自身も次来る時は是非泊まってみたいです!

朝日と共にエンジェルロードを望む

旅の疲れからか、その日はすぐに寝てしまいました(笑)。

次の日、目を開けると大きな窓から青々とした瀬戸内海、そして薄っすらとかかるエンジェルロードを望むことができました!

小豆島国際ホテル 部屋からの景色
小豆島国際ホテル 部屋からの景色

起きてすぐこの景色を見ると、なんとも幸せな気持ちになります。

そんな幸せな気持ちのまま、食事会場へ。一時的に品数は減らしているとの事でしたが、それでもとても食べきれない程の朝食が運ばれてきました。

小豆島国際ホテル 朝食
小豆島国際ホテル 朝食

朝食会場にも大変多くの人が来ていて、改めて人気のホテルであることを実感しました。

美味しく朝食も頂き、少しゆっくりしてからチェックアウトしました。

チェックアウトの時間になるとロビーは少し混雑しましたが、フロントを5つ程設けていたのですぐに手続きを終えることができました!

小豆島国際ホテルのブログ宿泊記まとめ

食事内容や館内設備など、どれをとっても大変満足するものでした。

そして何より部屋から望むエンジェルロードは、何とも言えない幸福感、優越感に浸ることができました!

「せっかく小豆島に行くなら、心いくまでエンジェルロードを楽しみたい!」「ホテルでは何不自由なく過ごしたい!」という方にはもってこいのホテルです!

Twitter口コミから一部抜粋

むりこむりのTwitterプロフィール画像
むりこむり @murikoyamiko・05月26日
小豆島めも 1日目 5月21日(土) ⑤ヤドンのお宿 小豆島国際ホテル
むりこむりのツイート画像
むりこむりのツイート画像
むりこむりのツイート画像
むりこむりのツイート画像
亜理子のTwitterプロフィール画像
亜理子 @AndLycoris・03月25日
小豆島国際ホテルのヤドンのお宿に泊まったので今更感想 ヤドンがいっぱいで楽しかった! 夕食後に戻ったらおっきいヤドンの上にチルット乗せてあって好き…可愛い 醤油の食べ比べ美味しかった (確かに誕生日旅行でしたが当日でもないのにお祝いしてもらってありがとうございました✨)
亜理子のツイート画像
亜理子のツイート画像
亜理子のツイート画像
亜理子のツイート画像