【宿ログ.jp】は、最高だった旅館・ホテルの宿泊記を特集したサイトです。ランキングも要チェック!

囲炉裏がある古民家なお部屋に大感激した『黒川温泉 お宿のし湯』宿泊記

2021年6月18日熊本県

今回は彼と2人で黒川温泉に訪れました。

黒川温泉を選んだ理由は、2人とも以前日帰りで訪れたことがあり、その時の雰囲気のよさから「黒川温泉にぜひ一度泊ってみたい!」と思っていたことです。

そのため、今回は念願の黒川温泉滞在をメインに旅行を計画しました。

お宿のし湯に到着・チェックイン

車で伺ったのですが、宿からすこし坂を上がったところに駐車場があり、そこまで宿の方がご案内してくださいました。

荷物もキャリーケースなど荷物がたくさんあり、8月の真夏ということで汗だくでしたが、大きな荷物は宿まで運んでくださったのでとてもありがたかったです。

お宿のし湯 外観
お宿のし湯 外観

外観からして、テンションの上がるお宿!!思わず写真をパシャリ。

まるで森の中にいるようで、マイナスイオンたっぷりの癒し宿です。

蝉の声が聞こえるだけで、黒川温泉の中心には近いのですが周りはすごく静か。

今回は、素敵な宿なのでできるだけ長い時間ゆっくりしたい!ということで、15時頃にチェックインしました。

お宿のし湯 玄関までの小道
お宿のし湯 玄関までの小道

玄関までの道は、本当に森の中を歩いているようで、凄く気持ちのいい道が続きます。

途中には、個室のプライベート温泉がいくつかあり、滞在中に利用させていただきました。

わたしたちは、内湯を利用したのですが、露天風呂もあるみたいです。2人でとてもくつろぐことできたのでおすすめポイントです。

プライベート温泉の入り口には、温泉たまごが常備してあり、1つ数十円程で温泉気分を味わえます♪彼はたまご好きなので、3つお部屋にお持ち帰りしました(笑)

お宿のし湯 玄関
お宿のし湯 玄関

色んなお宿が集まっている黒川温泉ですが、彼にたくさん写真を見せて、今回は「黒川温泉らしい古民家っぽいお部屋に泊ってみたい!」との希望で『のし湯』さんを選ばせていただきました。

イメージ通りの古民家感!このなんともいえないほっこりとした木のぬくもりがとっても癒しポイントです。

館内の説明は、玄関近くに机と椅子が準備されていて、車移動で疲れていたところ、ゆっくり聞くことができました。

お宿ではくスリッパは、部屋のネームタグをそれぞれつけてくれていたので、他の宿泊者と紛れない心遣いも潔癖があるわたしはありがたかったです。

お宿のし湯 くつろぎスペース
お宿のし湯 くつろぎスペース

お部屋までの道に、宿泊者がだれでも使用できるくつろぎスペースもありました。

左手に見えているコーヒーマシンでいつでもコーヒーを頂くこともできます。お部屋についてからすぐの、ほっと一息タイムに利用させて頂きました。

なんだかノスタルジーな感じのする空間で、ジブリの作品にでてきそうな雰囲気です。

こんなところで本をゆったり読めるような人ってかっこいいだろうなぁ。

お宿のし湯のお部屋・温泉

お宿のし湯 客室 「しおん」
お宿のし湯 客室 「しおん」

今回は「しおん」というお部屋に泊らせて頂きました。ほかのお部屋の名前も和風でどれも可愛かったです。

囲炉裏がある古民家なお部屋に一度泊ってみたかったわたしの夢が叶って、終始大感激、大興奮! 今流行りの田舎暮らし体験ができます。

田舎のおばーちゃんちって感じで、めちゃくちゃほっこり空間です。

お部屋の中は階段で仕切られ、おやすみスペースは階段の上にあり、ひろびろ綺麗に使うことができました!

旅行はまったりするのが好きな2人なので、心ゆくまでこのお部屋をだらだらごろごろしながら、何をするでもなく堪能。至福の時間でした。

お宿のし湯 客室 足湯
お宿のし湯 客室 足湯

お部屋の中にはなんと足湯まであって、これまたびっくり!

頂いてきた温泉たまごちゃんは、ここに入れて食べるまで保管してました(笑)

ちゃんと横にはハンドタオルも置いてくださっているので、細かいところにも気を配ってくれる宿だなとここでも実感。

お宿のし湯 客室風呂
お宿のし湯 客室風呂

部屋風呂も、めちゃくちゃいい雰囲気。温泉大好きなわたしは、こちらの可愛いお風呂にも大興奮で、めちゃくちゃ癒されながら入らせて頂きました。

朝風呂もしっかりさせていただき、本当に大満足。

お宿のし湯の夕食

お宿のし湯 夕食
お宿のし湯 夕食

外を散策したあと汗だくになったので、ひとっ風呂浴びてから夕食!

浴衣を着て、食事の前に写真も取って頂きました。

食事の説明も、ひとつひとつとても丁寧で心地よかったです。

私たちが案内していただいたお部屋は、2人だけでゆっくり食べられる個室になっていました。

どこの空間も、ほかのお客様と出会わないようになっているので、コロナの時代も安心して泊まれるなと思います。

「のし湯」さんに決めた最終的な理由は「宿の雰囲気も素敵ですが、さらに食事にも拘っていてめちゃくちゃ美味しい」との口コミが多数あったことです。美味しいものに目がない2人は迷わずのし湯さんに行ってみたい!!となりました。

とっても楽しみにしていたので、わくわくが止まりません。

せっかくなので、スパークリングワインを頂いて乾杯♪

お宿のし湯 夕食
お宿のし湯 夕食

どれも美味しかったのですが、このとうもろこしのムースが絶品すぎて「なんかもうデザート?」ってくらいとうもろこしの甘さがでていて、すごく美味しかったです。コンソメとも絶妙にマッチ。

お宿のし湯 夕食
お宿のし湯 夕食

お料理は、地産地消の食材を使われているとのこと。

どれも本当に素材の味が生きていて、あれだけの好評価が続出するのも納得。

この食事だけ食べるために泊まっても全然いいなと思わせるほど、本当に料理のクオリティが高くて、2人で終始「めっちゃ美味しい~~」と連呼しながら食べてました。笑

お宿のし湯 夕食
お宿のし湯 夕食

どの料理も、味だけではなく、お皿や盛り付けも綺麗で、テンションが上がります。

わたしは和食がとっても好きで、出汁もすごく繊細な味がでていて感動ものでした。

しめのごはんは土鍋で準備していただきました。最後にはお腹がいっぱいではいらないくらい、ボリュームも満点でした!!

お宿のし湯の朝食

お宿のし湯 朝食
お宿のし湯 朝食

めちゃくちゃインスタ映えするかんじの朝ごはんです。

もうこの籠に盛られて出てくる感じ、女子のみなさまのハートを鷲掴みですよね。

味付けももちろん美味しいんですけど、夕食のときからお野菜の美味しさと新鮮さが尋常じゃなかったです。

本当にいい土地で、心を込めて作られたんだなーと感じられる味。

牛乳も出していただき、わたしは牛乳が苦手なのですが彼は好きなので飲んでみた感想は、阿蘇が近いので牛乳もめちゃくちゃ新鮮で美味しかったみたいです。

お宿のし湯のまとめ

癒し度マックスな外観から、温泉・食事・接客・お部屋、どれをとっても今まで数ある旅館に宿泊した私の中で、断トツ1位の宿となりました。

訪れるのであれば、前後はあまり観光の予定を入れずに、ゆっくりとした時間を過ごせるスケジュールにされることを強くお勧めします。

1泊では足りないくらい、すごくリラックスできる宿です。日頃の疲れも吹き飛びます。

プライベートな空間で2人きりの時間を過ごせるので、記念日にもぴったりだと思いました。

また是非訪れたいお宿さんでした。